1. 国際戦略推進機構トップ
  2. ニュース
  3. インドよりインド工科大学ハイデラバード校が本学を表敬訪問

インドよりインド工科大学ハイデラバード校が本学を表敬訪問

左より、藤野教授、Subramaniam教授、中村理事

左より、藤野教授、Subramaniam教授、中村理事

記念品贈呈の様子

記念品贈呈の様子

2017年6月5日(月)、インドのインド工科大学ハイデラバード校(IIT-H)より工学部土木工学科長のKolluru V.L. Subramaniam教授が本学を表敬訪問され、本学から、中村文彦理事(国際・地域・広報担当)・副学長、藤野陽三先端科学高等研究院上席特別教授、竹内智子国際戦略室長が出迎えました。

インド工科大学ハイデラバード校は2008年に新設され、インド政府と日本政府の合意に基づき日本より支援が行われており、現在、大阪大学、京都大学、慶應義塾大学、東京大学、東北大学、立命館大学など15校と協定があるなど、日本の大学とは密接な関係があるとの説明がありました。また、学生の意識も西洋(West)から東洋(East)へとトレンドが変化していると述べられ、今後、協定を交わすことを検討していく方向で双方の話し合いが進みました。また、Subramaniam教授からはIITH土木工学科の教育プログラムや研究活動、卒業生の進路状況について紹介がありました。さらに、大学院入試に関して、IITHから多くの学生に留学を検討してもらうための大学説明会の開催などについて意見交換がなされました。

今年度、本学はインド工科大学ハイデラバード校より2名の大学院生を受け入れる予定であり、今回の訪問をきっかけに、今後様々な交流へ発展していくことが期待されます。

ページの先頭へ