1. 国際戦略推進機構トップ
  2. ニュース
  3. チェコ共和国駐日特命全権大使、オストラバ工科大学が本学を表敬訪問

チェコ共和国駐日特命全権大使、オストラバ工科大学が本学を表敬訪問

 2016年11月1日(火)、Tomáš Dubチェコ共和国駐日特命全権大使とオストラバ工科大学からBohumír Strnadel教授が本学を表敬訪問しました。
 表敬訪問は学長室で行われ、中村文彦副学長・理事(国際・地域・広報担当)と竹内智子国際戦略室長が出迎えました。
右)Dub駐日チェコ共和国大使 左)中村副学長・理事

右)Dub駐日チェコ共和国大使 左)中村副学長・理事

 大使の訪問は、2016年11月1日から4日の間、本学教育文化ホール等にて開催された第7回国際ワークショップ「New Methods of Damage and Failure Analysis of Structural Parts」での開催挨拶に併せて行われました。同会議の議長であるBohumír Strnadel教授(オストラバ工科大学)と梅澤修副学長(教育改革担当)が同行しました。

 懇談では、本学の紹介と国際交流状況について情報交換をした後、チェコ共和国と本学との学生交流拡大について意見交換しました。
Strnadel教授(中央)

Strnadel教授(中央)

 表敬後、工学研究院長室で、Bohumír Strnadel教授、梅澤修副学長、福富洋志工学研究院長と共に国際ワークショップ開催の足跡など、オストラバ工科大学やチェコアカデミー材料物理学研究所をはじめとするチェコ共和国と本学との交流について意見交換がなされました。
懇談の様子

懇談の様子


ページの先頭へ