1. 国際戦略推進機構トップ
  2. ニュース
  3. モンゴル国立科学技術大学との大学間交流協定調印式を挙行

モンゴル国立科学技術大学との大学間交流協定調印式を挙行

調印を終えて握手するオチルバト学長(右)と長谷部学長

調印を終えて握手するオチルバト学長(右)と長谷部学長

2015年6月18日(木)、モンゴル国立科学技術大学(モンゴル・ウランバートル)のオチルバト学長一行が本学を訪問され、本部棟第一会議室において大学間交流協定締結の調印式が挙行されました。調印式には、オチルバト学長をはじめ、工学運送学部のツォルモンバートル学部長、モンゴル国立科学技術大学付属工科大学のガンヤバル学長、通訳担当のウンダルマーさんが、本学からは長谷部勇一学長、森下信理事、中村文彦理事、根上生也環境情報研究院長、山田均教授、井上博司国際課副課長が同席し、和やかな雰囲気のなかで調印式が執り行われました。両言語の通訳として本学学生のアリウンジャルガルさん(環境情報学府生)、エルデネツヤさん(国際社会科学府生)が活躍してくれました。

調印式に先立ち、両学長から互いの大学紹介を含めた挨拶があり、その後、日本風のお弁当に舌鼓を打ちながら、笑いも交えた懇談が行われました。今後の学術交流のほか、学生の派遣・受入を通じてさらなる交流の深化を図るべく、積極的な意見交換が行われました。
オチルバト学長の挨拶

オチルバト学長の挨拶

また、今月末には新モンゴル高等学校一行の本学への訪問と学生交流が計画されており、モンゴルとのますます良好な関係の構築が期待されます。

全員で記念撮影

全員で記念撮影


ページの先頭へ