1. 国際戦略推進機構トップ
  2. イベント
  3. 特別講演 オウル大学(国際学術研究交流企画)  

特別講演 オウル大学(国際学術研究交流企画)  

本学の交流協定校・オウル大学(フィンランド)は、従前より積極的な国際化戦略を展開し、横浜みなとみらい地区にブランチ・オフィスを設けるなど本学との交流も年々活発化しています。今回、オウル大学から研究者・職員が来校される機会に、学術交流促進のために特別講演会を催すことといたしました。教職員・学生を問わず、多くの方々のご参加いただけますよう、ご協力よろしくお願いいたします。

日時:2015年2月12日(木)・13日(金)
会場:横浜国立大学 教育人間科学部 講義棟7号館101、304

講演1

「フィンランドの教育制度 PISAランキングと教育の国際化」
講師:リイタ・カターヤ(オウル大学国際プログラムコーディネータ)
2月12日(木)14:00~15:30 7号館101

近年教育関係者の注目を集めているOECDによる国際学習到達度調査(PISA)において目覚ましい成績を収めているフィンランド。その成功をもたらしたフィンランドの学校教育制度を紹介するとともに、フィンランドの高等教育機関の国際化について、大学国際交流のエキスパートであるカターヤさんのお話を伺います。

講演2

「グローバル、そしてトランスナショナルな歴史学 ~未来の課題~」
講師:セイヤ・ヤラーギン先生(歴史学、オウル大学人文学部准教授)
2月12日(木)15:40~17:10 7号館101

グローバル化、多国籍化する世界において、歴史学もまた、その視点を全地球的・国境超越的にシフトしていかなければならない。各国別の「ナショナル・ヒストリー」から多元主義的な「トランスナショナル」な視座へ。キリスト教宣教師の足跡をたどるなど、東西両洋にまたがる研究フィールドをもつヤラーギン先生が、日本、パレスチナ、イスラエルでの経験から、豊富な実例を交えて、歴史学の未来の課題についてお話しくださいます。

講演3

フィンランド交換留学説明会
2月13日(金)15:30~17:00 7号館304

1.フィンランドの大学の国際化戦略とオウル大の留学生サービスについて
  リイタ・カターヤ(オウル大学国際プログラムコーディネータ)
2.スカンジナヴィアスタディーコースについて
  ミイア・ユウソーラ(オウル大学人文学部国際コーディネータ)

オウル大学で開設されている英語による交換留学プログラム「スカンジナヴィアスタディーズコース」。半期10科目の多彩なクラスによって、フィンランド・スカンジナビアの文化を深く知ることができます。2015年8月からは2~4週間に圧縮した集中コースも開設し、ショートヴィジット型の留学を考えている人にもおすすめです。

お問い合わせ先

横浜国立大学教育人間科学部 教授 山本泰生 
メールアドレス:yyyasyamynu.ac.jp

関連リンク


ページの先頭へ