1. 国際戦略推進機構トップ
  2. ニュース
  3. 第2回Global Café「モンゴル」を開催しました

第2回Global Café「モンゴル」を開催しました

平成26年1月15日に第2回Global Café「モンゴル」を経済学部国際交流ラウンジで開催しました。「Global Café」はYNUの留学生に自分の国の文化や歴史を紹介してもらい、日本人学生と留学生が一緒に異文化について理解を深めることを目的としています。

第2回目となる今回は、モンゴルからの留学生、ムンフバト・アリウナーさん(経済学部3年)をプレゼンターに迎えました。モンゴルの民族衣装や国旗の意味、各地域の地形や気候の特徴などの基本情報の説明の後、主に20世紀のモンゴルの歴史について紹介がありました。

次に、遊牧民の生活を中心に、ゲルや食文化、統制制度や教育制度、伝統的なスポーツや芸能など幅広い分野について、参加者がイメージしやすいよう写真をたくさん使いながら、モンゴルの生活スタイルを紹介してくれました。その後の休憩では、参加者はモンゴルのチョコレートと一緒に塩味のミルクティーを試飲しながら、一人ずつモンゴル語での自己紹介に挑戦しました。

最後に、モンゴルの現状について、特に経済と社会生活の面から説明がありました。近年の経済的発展についてだけでなく、それに伴って発生している諸問題についても取り上げて紹介してくれました。

プレゼンテーションが終わった後には、羊のくるぶしの骨「シャガイ」を使った、おはじきのような伝統的ゲームを参加者全員で楽しみました。


今回のイベントは、学期末も近かったこともあってか残念ながら参加者は多くありませんでしたが、その分、打ち解けた雰囲気の中、これまで知らなかったモンゴルの文化や歴史、現状について幅広く学ぶことができ、参加者も満喫した様子でした。

国際課と学生国際ボランティアは、国際交流が気軽にできる機会、異文化理解を深められる場を学内に作っていくことを目標に、来年度もGlobal Caféを開催していく予定です。学生のみなさんの参加をお待ちしています。

ページの先頭へ